ヌメ革の交換修理

2017-01-04 @ 01:19 PM

バッグの交換・修理をして欲しいと思っている人の中で特に多い要望が「ヌメ革の交換修理をしてもらいたい」といったものです。ヌメ革というのはタンニンなめしを施しただけで仕上げられた、染色や塗装を一切していない革です。革本来の風合い、味わいがあるということで非常に人気が高いです。

しかし、時間が経ってくるとひどく変色してしまったり、シミが出来たり、ひび割れしてしまったりといった経年変化のとても激しい素材でもあるのです。よく、クリーニングで汚れなんかはどうにかならないのかと思ってしまう人も多いのですが、ヌメ革はクリーニングではなかなか汚れが落ちないと考えられています。

これは、表面加工などが一切されていないため無理に洗うと余計に痛んでしまうという予想がつくからです。なので、1番手っ取り早いのはヌメ革のパーツの部分だけを新しいものに交換してしまうことです。実際、多くのバッグ修理業者では、ヌメ革の修理に関しては大体新しいものに交換することを提案しています。新しいヌメ革は正直、最初はちょっと浮いていて違和感を感じたりしますが、使用しているうちに色も変化して、ちゃんとバッグに馴染んでいきますから安心して使用してください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket